登頂困難か

27日、松村、井部両隊員が、中国隊4名と共にC1からBada Ri I 峰の頂上アタックに向かいましたが、ルートの南西稜はボロボロの岩で危険と判断し、6,350m地点で登頂を断念しました。Bada Ri主峰には登頂できませんでしたが、南西稜のピーク(6350m峰)に登頂しました。

隊員は今回のアタックでかなり疲弊し、ベースキャンプでは他のルートも困難である為、頂上アタックを終了する判断もあるようです。28日時点で一旦BCに戻ってくるため、若手隊員とベースキャンプに待機しているOBが合流した後に下される最終判断を待ちたい所です。

https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zPKe_TfEy5OE.k6BBLelGXK00

文章:山本(4)

広告

頂上アタックへ

20日に一度、荷揚げトラブルで羊八井に戻り、21日に再入山した登山隊。
衛星電話から情報が送信されていますので、今の状況をお知らせします。

21日より山域に戻りましたが、またしてもヤクがトラブルを起こしました。ヤクが斜面を登れなかったようで、ベースキャンプを予定より下に建設することになりました。ベースキャンプ建設後、C1建設に数日費やしたのことです。

次はC2建設が控えているな、と、衛星電話からの情報を待っていたのですが、氷河の状態や中国隊隊員による偵察等の情報をまとめた結果、C2を作らずにC1からアタックすることになりました。

アタック予定日は10月27日。攻略に時間がかかるのか、それとも一撃で登ってしまうのか。

注目です。

https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zPKe_TfEy5OE.k6BBLelGXK00

文章:山本(4)

Nyainqentanglha -2

BadaRi 峰がある Nyainqentanglha は, チベットの北に横たわる広大な山脈である。山脈の裏側(北側)にはナム湖という世界で一番高い場所にある塩湖があり, 観光でも人気。

チベットより国道109を約90km北西行くと, 今回の登山の前進基地である羊八井に到着する。羊八井から山の谷間まで車で行き, BCを設営する氷河湖まではヤクやポーターの協力で荷を運ぶことになる。

 

BCより上は, クレバスやセラック帯が予想され岩の露出も考えられる。高所順応のためキャンプを3つ設置しながら登ることになるが, 各ポイントは Googe Map を参考にされたい。

山岳会,山岳部のHPも御覧ください。

神戸大学山岳会:http://acku.net/
神戸大学山岳部:http://home.kobe-u.com/acku/

全体的な紹介は,次にも掲載されています。

http://home.kobe-u.com/acku/ensei.html
http://acku.net/2015-Nyainqentanglha/NT_West-2015.html

山本(4)