無事帰国

本日、無事関西国際空港に到着し、登山隊は日本に帰国しました。
各自、関空から帰路につきました。

みなさまの応援ありがとうございました!

松村(4)

広告

Ta Ri峰登頂

日中合同登山隊はTa Ri(タリ)峰(6330m)の初登頂に成功しましが、Bada Ri主峰登頂は断念することになりました。

10月27日の4時18分に日本人2名(松村、井部)、中国人2名、チベット人2名の計6人がC1を出発し、Bada Ri主峰(6516m)の頂上アタックに向かいました。

困難なルートを越え、9時2分に6330m峰に登頂成功。(Ta Ri峰と名付ける。Taは虎の意味。ニェンチェンタンラ山脈には動物の名前で呼ばれる山が多いことにならったものです。)Bada Ri山群の未踏峰の一つに見事初登頂することができました。

さらに、Bada Ri主峰を目指して南西稜に取り付きましたが、稜線は崩壊型の岩稜で、極めて危険なため残念ながらそれ以上の前進を断念しました。

以下、この日の隊員の記録です。

 10月27日 
アタック 
C1約5700mを日中隊員6名(日本隊松村、井部)が04:18出発。非常に寒い。足先の感覚が次第に無くなっていく。
予定よりも速く行動できたため、日の出までしばらくゆっくり行動する。時折、深いクレバスを飛び越える。2箇所のFIX通過(30m、100m)を交えガチガチの急峻な氷壁を登り切り09:02TaRi峰登頂(6330m)。
引き続き日中隊員3名(武漢隊多吉、徳慶、日本隊井部)が目標のBadaRi本峰南西稜に取り付く。左右の切れ落ちた稜線上に乱雑かつ不安定に積み重なった無数の岩により極めて危険な状態であることが判明し、それ以上の前進を断念、BCとの協議の末登頂断念となった。
12:46 C1着。C1を撤収しBCへ向かう。BC帰幕19:12。

この日のアタックを受けて、BCで日中協議の結果、Bada Ri主峰のアタックを断念しました。

写真はTa Ri峰の登頂写真です。(神戸大学の旗を掲げているのは松村隊員と井部隊員) 
登山隊は既に下山を完了しており、納木錯(ナムツォ)を経由してラサに戻ります。

以上、ご報告します。

image

チベット入境

本日10月10日、ラサに到着しました。
10月8日に上海を出発し、電車に揺られること2泊3日、ようやくラサです。広大な中国を真横に横断するチベット鉄道での旅はなかなか興味深いものでした。

上海の街

上海の街

チベット鉄道

チベット鉄道

DSC02138 (640x427)

フェリー同様やることはない...。

フェリー同様やることはない…。

だぁーーー

だぁーーー

途中,立ち寄る駅では...

途中,立ち寄る駅では…

いろんな出店があって,トリの足とかが売っていた。これがまた美味。

いろんな出店があって,トリの足などが売っていた。これがまた美味。

チベット鉄道は途中で標高5000mを越える

チベット鉄道は途中で標高5000mを越える

  ニェンチェンタンラ本峰群 美しい(本峰はこれの奥で見えない)

ニェンチェンタンラ本峰群 美しい(本峰はこれの奥で見えない)

ラサ駅着!(正面から撮りたかったが,正面には公安警察がいたためNG)

ラサ駅着!(正面から撮りたかったが,正面には公安警察がいたためNG)

大量の荷物を運搬

大量の荷物を運搬

大量

大量

ラサに着くと,思っていたほど高所という感じを受けなかったです。これでも3500mほどの標高なのに。
わざわざ3日かけて陸路で上海から来た甲斐があった!?列車の中で既に高所順応できていたのかな…

ラサでは9月中にあったチベット自治区設立50周年記念式典の名残がいたるところに見られました。

これから数日,買い出しや高所順応に励みます。

文責:井部(3)
写真:松村(4)

Bada Ri 登山隊出発10月6日

いよいよ明後日、AM 11:30神戸港より出発します。「新鑑真」で上海に向かいます。忙しい現代ですが、48時間かけて訪中するのも味がありそうです。上海から本隊は鉄道でチベットラサへ入ります。今度の遠征も中国地質大学(武漢)との合同登山隊です。日中総勢14人の登山隊で未知の山、バダリ峰6516mに挑戦します。

Bada Ri はピンイン表現ですが、現地の村人はパタ(Pata)と発音し、村の神様(ユラ)の名前が登る谷に名づけられているとのことです。その谷の奥にあることからポーランド人の登山者で研究者がピンインを使ってBada Ri(Riは山)と仮に名づけています。

現地の村人の話からするとこの山は村から見えないのでその存在する知られていません。そしてこの山は氷河のある雪山であり、Ri よりもKangri (雪山)としたほうが自然ですので、「Pata Kangriパタカンリ」としたほうがよいようです。もちろん勝手に名づけるのではなく、村長さんたちと相談して山名を確定できればと考えています。

富士山高所順応トレーニング

チベット・拉薩(ラサ)の標高は約3650m、いきなり飛行機で拉薩空港に降り立つと高度障害が出やすい。そして二三日は頭痛などで十分な活動が出来ないことが多い。富士山の山頂で二泊するのが今回のトレーニング。山頂には水がないので一人6リットルの水を担いで登る。装備や食料にこの水が重く肩に食い込むが、負荷をかけて登ると高度順応に効果的と信じて登るしかない。二日目は再び五合目まで下山して、再度水を担いで山頂に登り、二日目の夜を過ごした。(2015/9/19–21)

これで拉薩に入った折には初日から楽に活動できると期待している。   (Tim)

富士山富士宮口登山道9合目にて登山隊員と調査隊員が出会う。(9/21)

富士山富士宮口登山道9合目にて登山隊員と調査隊員が出会う。(9/21)

3日本の最高峰にて

日本の最高峰にて(9/21)

8/17 壮行会

去る8月17日、大学主催でBada Ri遠征壮行会を開催して頂きました。神戸大学学長をはじめとする様々な大学関係者、山岳会会員にご来場頂き、大変盛況なものとなりました。その様子を写真と共にに紹介させて頂きます。

DSC_0805

初めに武田学長より開会の挨拶、激励を頂きました。

IMGP3274

次に平井 元山岳部長・前山岳会長の挨拶です。

IMGP3282IMGP3288

乾杯の音頭は福田前学長より頂きました。

IMGP3299 IMGP3302 IMGP3333IMGP3310

しばしの歓談です。

DSC_0821 1

歓談の際、山田登山隊隊長より遠征計画についての説明がありました。

DSC_0852 1

次に井上総隊長より隊員の紹介がありました。

中央 山田登山隊隊長 右 隊員・医師 向山

DSC_0850

左より隊員 坂本 現役隊員 松村 井部

DSC_0841 1

左より山群調査隊 山形調査隊隊長 隊員 山口 大竹口

なお居谷副隊長は都合により欠席しております。

この後工学部同窓会会長をはじめ、多数の方に激励を頂きました。

DSC_0882DSC_0890

武田学長より隊旗及び校旗を授与して頂きました。

DSC_0894DSC_0905 (1)

山形山岳部部長、現役代表松村より謝辞を述べさせて頂きました。

DSC_0909DSC_0914

最後は内田理事より閉会挨拶を頂き、遠征の成功を祈願し万歳三唱で締めて頂きました。

藤川(1)

Supported by
thenorthface_logomontbellPatagonia
and more…